自己啓発でギャルに鬼モテしたいおじさん

自己啓発本読んで実践! イケてるおじさんになってギャルに鬼モテするまでの軌跡をご紹介します

どうしても小説書くことが継続できない人のための、最強の方法

どうも。
自己啓発でギャルに鬼モテしたいおじさんこと、春眠亭あくびです。

仕事と子育てでクソ忙しいけど小説新人賞取ったらギャルからモテるんじゃね?
そんな一心で自己啓発本を読みまくり、小説完成を目指す記録です。

自己啓発本を読むと、何かを成すにはとにかく習慣化が必要とのこと。
毎日小説を書くことが大事。でもプロ三日坊主の僕にはかなりハードル高い。
今日はその試行錯誤について書きます。

小説全然書けません
環境が大事だと考え、同じ志を持つ人がたくさん所属するオンラインサロンにも入りました。
でも書けません。
理由は簡単です。
小説書かなくても、誰も文句言わないからです。
っていうか、書いて当然の人達ばかりの集まりだからです。
完全に場違い。
中学の同級会のカラオケに呼ばれたけど橋幸夫以外歌えなかったあの時の僕くらい場違い。

僕くらいの三日坊主でも小説書くには、「え、あくびくん小説今日も書かないの? ふーん。まあいいけどさ。楽しみにしてたんだけど」くらいな、ゆるくリマインドしてくれる環境が必要なんだと考えました。

で、作ることにしたんです。
noteには幸い「サークル」機能ってのがあって、同じ志の人を集めることができます。
よしこれだと、サークル作りまして、申請したのですが。

 

 

 

否認

まさかの否認。

え? なんで?
小説書くのを習慣化しようって名目な、普通のサークルなのに。
なんで?
なんで自己啓発でギャルに鬼モテしたいおじさんのサークルを許可してくれないの?


あ、これだ。
この卑猥なハンドルネーム。
これだ。

現在、ハンドルネームを「春眠亭あくび」にして、再申請中。
通ったら、みんなサークル入ってね。

(追記:2020/05/06)
サークル申請、無事承認されました!
小説や脚本書きたいけどなかなか書けない人、ぜひぜひご参加ください!

https://note.com/haruakubi/circle



検索順位が地の底であるこのページに、もう二度とたどり着けないと思います。
何かのご縁、ぜひフォローなどしていってください。
↓↓