自己啓発でギャルに鬼モテしたいおじさん

自己啓発本読んで実践! イケてるおじさんになってギャルに鬼モテするまでの軌跡をご紹介します

説明下手な人向け、要点が早く短く伝わる方法

どうも。
自己啓発でギャルに鬼モテしたいおじさんこと、春眠亭あくびです。

仕事と子育てでクソ忙しいけど小説新人賞取ったらギャルからモテるんじゃね?
そんな一心で時間を捻出し、小説執筆しまくっていく記録です。

コロナで保育園児2人を見ながら仕事しなければならず、いつも以上に仕事を効率的に終わらせる必要があります。
でないと、上司との大事な打合せのバックグラウンドでうんこちんこうんこちんこ聞こえてくるからです。

で、僕はどうにも説明が長い。
だからわかりにくい。
ほんと最近のコンプレックスで、何とかせねばと自己啓発本に頼ることに。


説明は速さで決まる 一瞬で理解される「伝え方」の技術 (きずな出版)
著者: 中村 圭

著者のいる広告業界は、短く素早く要件を伝える業界の最高峰。そこでの知識をまとめてくれてます。

やり方はこんな感じ。
①説明しようと思ってる情報を箇条書きでひたすら列挙
②その中で、説明する相手によってどれが最低限必要か、選ぶ
③並べ替える


例えば僕がなぜギャルが好きなのかを僕の部長に説明するとしましょう。

①まず、ギャルがなぜ好きなのか、その情報を箇条書きします。
・僕がコミュ下手なので、グイグイくるギャルとの方が会話が弾む
・妻子持ちなので、ギャルに襲われたっていう言い訳が欲しい
・エロい
・色黒だと健康そうで興奮する
・「おじさんのくせに経験少ないの?」って言われたい
・奔放そうに見えて意外に照れ屋なギャルが好き

②この中で、どの情報が部長にハマりそうかえらぶ。部長も妻子持ちなのと、僕のコミュ下手はご存知なので、以下を選択。
・僕がコミュ下手なので、グイグイくるギャルとの方が会話が弾む
・妻子持ちなので、ギャルに襲われたっていう言い訳が欲しい

③並べ替える


結果、こんな感じの文になります。
「部長! 僕はギャルが好きです。なぜなら、私自身コミュニケーションが苦手であり、会話をどんどん前に進めてくれるギャルに心惹かれます。また、妻子持ちなので、もしものことがあっても、向こうから襲われた、という言い訳がたつじゃないですか。その辺は部長もご納得いただけると思います。あとギャルってクソエロいじゃないですか。色黒で健康そうだし、長いつけ爪で乳首コリコリしてもらいたいですよね。以上から、私はギャルが好きなのです!」

部長「・・・ああ、そうか。あくびくん、悩みでもある?」


検索順位が地の底であるこのページに、もう二度とたどり着けないと思います。
何かのご縁、ぜひフォローなどしていってください。
↓↓