今日も会議で、あくびをひとつ

サラリーマン人生を謳歌するためのヒントや理論を、下世話で煮染めてご提供。

小説を電車で書いてみたけど案外良かった件

どうも、中間管理職の春眠亭あくびです。

 

最近子会社に出向したのですが、案の定残業続き。

疲れております。

当然早起きも出来ず、朝書いてた小説はパタッと筆が止まりました。

物語がなにも進まない。

メロスは激怒したっきり、特に何もなくセリヌンティウスが処刑される。

 


小説書きたいのに全く書けない、そのことがさらにストレスになり、ゲロ吐きそうになる。

負の連鎖。

 


そんな僕ですが、最近小説を書き始めました。

きっかけはホリエモン。

 


お金や人脈、学歴はいらない! 情報だけ武器にしろ。 (ポプラ新書)

 

(169)情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない! (ポプラ新書)

(169)情報だけ武器にしろ。: お金や人脈、学歴はいらない! (ポプラ新書)

 

 




↑こんな本を読みました。

情報持ってるやつが結局一番つおいって話が書いてあります。

ほよよ。

たしかにコンサルの人と話ししてても、会社の偉い人と話ししてても、圧倒的に知識量が違う。

知識っていうか、知恵かな。

ちゃんと血肉にして、活用してる感じ。

池上彰さんってめちゃくちゃ頭いいけど、それは新聞毎日アホほど読んで、本屋に毎日通って新刊読み漁り、家ではCNN垂れ流して情報入れまくってるからだそうです。

そのうち電極脳みそに刺して、直接情報インプットしそう。

 


で、ホリエモンが言うには、情報のインプットだけじゃなくてアウトプットが重要だと。

頭で考えてるだけじゃ意味なくて、実際に世に出したやつが評価される。

「あー!  それ俺も考えてたやつ!」

と言っても、評価されないじゃん。それと一緒。

また世に出した時の経験があるから、情報はより質の高いものになる。

世の中から反応があるからモチベーション維持にもつながる。

だから、どんどん発信をしようと。

 


そんなアウトプット万歳の流れで結構衝撃だったのが、ホリエモンが執筆をスマホでやっているということ。

パソコンの前に座って書かねばと思うと、書くまでに心理的に障壁があって書かない。

スマホのフリック入力に慣れれば、かなり早く、しかもどこでも書くことができる。

ベッドに寝転がって書くの超オススメ。

とのことだ。

 


なるほど一理ある。

そこで、小説をスマホで書くことにしてみた。

通勤電車の中で、シュッシュシュッシュとやってみる。

あれ、案外書けるぞ。

小説イコールスタバでマックブック開きながらドヤリングして書くものとばっかり思ってたけど、案外スマホでいけるんだ。

 


こうして僕はホリエモンのおかげで、小説の続きを書くようになりました。

ありがとうホリエモン。

ありがとうメロス。