今日も会議で、あくびをひとつ

サラリーマン人生を謳歌するためのヒントを、下世話で煮染めてご提供。ポッドキャストは毎週月曜更新。

【PDCA日記】あれもこれもやりすぎて習慣化できないときは、優先度をつける

どうも。中間管理職の春眠亭あくびです。

 

風邪っぽくてですね。とにかく早く寝ることを心がけた生活をしてましてね。

毎日9時間睡眠とかでしてね。

もう郷ひろみかっていう。

郷ひろみはお肌のために毎日10時には寝るんです。

郷ひろみはおいといてですね。

まあ体調悪くてですね。

ルーチンもタスクもこなせなくて。

でも、

そんな中、

僕を支えてくれたのは、

親父でもなく、

お袋でもなく、

そう、

リーでした。

f:id:haruakubi1:20180822074615j:image

 

いや、リーじゃありませんでした。

とにかく体調崩すとやりたいこともすぐできなくなる。

Podcastを毎週月曜更新とか言っといて、すでにぶっちぎってる。

健康が一番大事だな

そう考えまして、色々と考えてみました。

 

 

SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える (単行本)

SIMPLE RULES 「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える (単行本)

  • 作者: ドナルドサル,キャスリーンアイゼンハート,Donald Sull,Kathleen M. Eisenhardt,戸塚隆将
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2017/08/21
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る
 

 

この「シンプルルールズ」という本が中々面白かったので試してみることに。

 

例えば、トリアージっていう、患者の対処優先度を決める手法があります。

歩けるか?呼吸はあるか?脈拍数は?

誰でも判定できる、シンプルで具体的なルールを決めておき、そのルールに従って医師や看護師が対処することで、迷いがきえ、迅速な対応ができるというものです。

 

例えば、オナリアージという、手淫の優先度を決める手法があります。

おかんはいるか?姉はいるか?帰宅時間は?

誰でも判定できる、シンプルで具体的なルールを決めておき、そのルールに従って、部屋で手淫するのか、はたまた豪勢にリビングで手淫するのかを迅速に決めることができるというものです。

 

後半は僕のやつですが、とにかくどのルーチンを先にやるかを毎回毎回判断してるのはとてもおっくうだし、素早く動けない。

あっちを先にやっておけばよかったと後悔することもある。

この考えのもと、僕は毎日のルーチンに次のような優先度をつけることにしました。

  1. 健康
  2. 記憶の定着
  3. ネタの発掘

 

 

とにかく健康じゃないと、ルーチンやタスクをこなせない。

だから、健康に関するルーチンを最優先でやることにしました。

 

次に優先するのは、記憶の定着に関することです。

アウトプットや暗記なんかがそれです。

本を読んでも改善を思いついても、身につかなければ何にも意味ないなと思ったのです。

手淫は絶対親がいるときはしない!と心に誓っても、日頃からそれが定着するようにアウトプットしていなければ、忘れてしまうのです。

忘れてしまえば、素晴らしい改善も効果がありません。

アウトプットは、スキルを上げるだけでなく記憶の定着にも効果があります。

このブログもそうです。

なので、二番目に記憶の定着を持ってきました。

 

そして最後が、ネタの発掘です。

日々の出来事や読んだ本、マンガの感想、改善アイデアなんかがこれにあたります。

当初はこちらを最優先にしてたんですが、よくよく考えたら健康と定着よりは優先度低いなと考え、機械的に後ろに持ってきました。

元来僕はネタの発掘が好きなので、ほっといてもやると思います。そんな理由もあり、ネタの発掘が最後です。

 

  1. 健康
  2. 記憶の定着
  3. ネタの発掘

どうです?シンプルでしょ?

シンプルルールができたときはほんと気持ちいいです。

前立腺マッサージくらい気持ちいいと思う。

やったことないけど。