今日も会議で、あくびをひとつ

サラリーマン人生を謳歌するためのヒントを、下世話で煮染めてご提供。ポッドキャストは毎週月曜更新。

【PDCA日記】自分のスキルをRPGのレベルみたいに考える

ども。中間管理職の春眠亭あくびです。

 

最近の悩みは、あれもこれもPDCAサイクルを回したいと思ってしまい、どれをやればいいかわからなくなってしまうことです。

あれもしたいこれもしたいもっとしたいもっともっとしたいー。

俺には夢がある。両乳首で空を飛ぶことだったりー。

俺には夢がある。ドンキで買えるようなー。

 

そんなブルーハーツの真っ青な状況で、とにかくあれもこれもに目移りしてしまい、結果何もできなくなってしまうと言う病気です。

 

はてさてどうしようかなぁと考えていた時に、こんな本を見つけました。

 

f:id:haruakubi1:20180815000846j:image

 

はい。東大式。

この人すぐ東大式って言葉使っちゃうんだよなぁ。

絶対他の東大生からヒンシュク買ってるよなぁ。

お前がやること全部東大式じゃねーから。

お前のそのカツサンドを使った特殊な手淫、全東大生がやってるわけじゃないから。

そんなこと言われてるかとおもうとやるせない。やるせなす。いしいちゃんです。

 

まあ内容は結構おもしろくて、自分のスキルをRPGゲームのレベルとして考える。

例えば人付き合いはレベル2だな。エレベーターで雑談できるようになったらレベル3だな。みたいな感じ。

松野明美と普通に会話できるようになったら人付き合いレベルは5兆だな。みたいな感じ。

 

そんなわけで、自分のスキルをレベルにしてみて、低いところから手を付けようという作戦でした。

 

が、結果あれもこれも手を出す性格が災いし、どれも中途半端に低いレベルで自己嫌悪になりましたとさ。

はあ。決められない男。