今日も会議で、あくびをひとつ

お堅い企業の中間管理職が、日頃の鬱憤を晴らすために、はっちゃけてよろしいか伺います。

iPad mini4 が読書専用端末として最強の件

春眠亭あくびです。

 

昨年、こんな記事を書きました。

 

すまん、iPad の方が最強でした。

いや、僕にはiPad だったってことなんですよ。

 

kindle paper whiteはやっぱり見やすさで言うと最強で、iPad 含めタブレットは全く敵わないんです。

電子インクはそれだけ素晴らしいです。

 

でも、とにかくね。

iPadは画面がでかい

これほんと大事。

僕は仕事柄、IT系の実用書をよく電子書籍で読むんです。

あれクソでかいしクソ重いんですよ。

松花堂弁当くらいあるし、松花堂弁当の2倍は重いんですよ。

だから電子書籍がうってつけなんですが、実用書の中に固定レイアウトっていう種類のやつがあって、単にPDFで紙の本をスキャンしましたって内容なんですが、kindleの6インチの画面では限界あるんです。

固定レイアウトじゃなくても、適度に入る挿絵や図が、これまた固定になってて、kindleは挿絵のズームができないんでやっぱり地獄なのです。

 

あと電子インクは見やすいんですが、仕様上動きがもっさりしてまして、ページめくったりハイライトつけたりでプチイライラが入ります。

 

ということで、画面が大きくてしかもズームし放題でページめくりが素早いiPad にしました。

大きさはminiで十分です。

僕は電車で読むので、片手で持てるギリギリの重さであるiPad mini4  がちょうどいいです。

 

ということで、スタバでドヤリングが捗りますね。

f:id:haruakubi1:20180130082043j:image