今日も会議で、あくびをひとつ

ビジネスに役立つ情報を、下世話と小バカで煮染めてご提供。

【ライフハック】あけましてバレットジャーナル

春眠亭あくびです。

今さらながら、あけおめことよろでございます。

今年もどうぞよしなに。

 

新年も新たに、手帳を新しくしたかたも多いのではないでしょうか。

僕はある種病気なので、1年間に3回くらいは手帳を変えます。理由はシンプルで、変えたくなっちゃったから。はい病気です。

で、新年を新たに病気が発症したので手帳変えました。

 

今回はバレットジャーナルなるものにしました。

f:id:haruakubi1:20180119084553j:image

 

ノートを手帳みたいに使おうぜ、箇条書きでシンプルに使おうぜってコンセプトです。

 

まず第一に、バレットでジャーナルと来るもんだから、響きがスーパーカッコいいというのがあります。

後輩女子に、「オレ、バレットジャーナル使っててさ」なんて言えば、きゃーすてきー抱いてーとなること請け合いです。

 

あといいなとおもったのは、ノートと手帳を一緒にできるという点です。

僕は何か考えたりするとき、ノートに殴り書きながら整理していきます。後で読み返しても、他の人はおろか自分ですらよみとれません。エニグマです。ドイツもびっくりの暗号化です。

そんな調子でノートの消費が激しいので、ノートはいつも持ち歩くんですが、そうなると手帳を持ち歩くのが億劫に。

じゃあ手帳のノート欄が多いやつにすればいいじゃんとなるのですが、余裕で速攻使い切る自信があるので、なんかノート使うのを躊躇しちゃうんですよね。

バレットジャーナルはその辺よくできてて、ノートから自分で手帳つくるから、好きにページ使えるんですよ。

 

それと、僕は一度書き出すとあれもこれも書こうとする「文章貧乏」なので、箇条書きというルールがあることで書く内容が簡潔になるというのもいい感じ。

 

ノートはMDノートの新書サイズがちょうど持ち運びしやすくてかつそこそこ書けるので気に入ってます。スーツの内ポケットにギリギリ入るのがいい。ホントギリギリだけど。あと方眼も大きめで、字の汚い僕でも書きやすい。

 

ということで、しばらくバレットジャーナリストになろうとおもいます。

多分一か月続かないと思うけど。