今日も会議で、あくびをひとつ

お堅い企業の中間管理職が、日頃の鬱憤を晴らすために、はっちゃけてよろしいか伺います。

上司の優しさに涙ちょちょぎれた

春眠亭あくびです。

 

今日は部署のキックオフで、業務終了後はみんなで集まってお酒を飲みながら親睦を深める日です。

僕は見積りが終わらなかったので残業です。

まあそんなに飲み会の場は好きではないので、特に何も思わず淡々と仕事をこなしていました。

そこにやってくる女性上司。手にはおつまみが。

 

「あくびくんお疲れ様。お酒は飲めへんけど、これなら食べられるやろ?」

 

涙がちょちょぎれました。

 

この世界がコミック快楽天ならここで唐突に濡れ場の発動なのですが、現実世界なので特に何もなく、ただただ感動したという話でした。

 f:id:haruakubi1:20171018212623p:image