今日も会議で、あくびをひとつ

お堅い企業の中間管理職が、日頃の鬱憤を晴らすために、はっちゃけてよろしいか伺います。

精神的に参った時は、うしおととら読むのに限る

春眠亭あくびです。

 

体調悪いし仕事は忙しいしで参っております。

そんな時、僕の脳はこんなものを欲しがります。

 

  • MOTHER2やりたい
  • ワンピースのチョッパー編読みたい
  • BECKのグレイトフルサウンド編読みたい
  • うしおととらの櫛(クシ)でうしお助ける編読みたい
  • フルアヘッド・ココ全巻読みたい
  • たくさん寝たい
  • シュークリーム食べたい
  • ボールペンと手帳替えようかな

 

そして今僕はうしおととらを欲しております。

 

f:id:haruakubi1:20170922085411j:image

 

 獣の槍という最強の武器を手にしたうしおが、同じく最強の妖怪とら と一緒に、最悪の妖怪ハクメンと戦う大河ロマン。

 

その中でも涙ちょちょぎれちゃうのが、獣の槍の副作用で暴走したうしおを、うしおを慕う5人の女の子が救う話です。

専用の櫛でうしおの髪の毛をすけば治る。

そう聞かされ、獣と化したうしおに毅然と立ち向かう、かつては弱かった女たち。

うしおに救われたから、今度は自分が救う番。

 

f:id:haruakubi1:20170922083848j:image

 

もうダメです。自分で書いてて泣けてきます。

僕は義理人情の人間なので、助けてもらったから今度はあたしが助ける番!とか、そういうのにすこぶる弱いようです。

 

はあ、僕もかわいい女の子に助けてもらいたいです。

あくびさんに救ってもらったから、今度は私が助ける番!

そう言って、ストレスで獣と化した僕を代わる代わるテンガで抜いてくれないかしら。

 

それは風俗だ。