今日も会議で、あくびをひとつ

お堅い企業の中間管理職が、日頃の鬱憤を晴らすために、はっちゃけてよろしいか伺います。

ボタニカルシャンプー

春眠亭あくびです。

 

コマーシャルとは、万人にその商品の良さがわかるようにするべきです。

その前提において、最近テレビでよく耳にする「ボタニカルシャンプー」ってなんやねんと。

なんとなく、自然っぽい印象はうけとります。

しかしながら、この日本において、ボタニカルの意味を正確に把握してる人間がどれだけいるか。

にも関わらず使っちゃうあたりに、広告代理店側に意識高い系の人がいたんだなと勘ぐっちゃいます。

それか、ボタニカルって言葉は僕が思ってるよりも自然に、いやボタニカルにボタニカルと使われてるのかもね。

 

 

 

 

 

で、ボタニカルって何?