今日も会議で、あくびをひとつ

お堅い企業の中間管理職が、日頃の鬱憤を晴らすために、はっちゃけてよろしいか伺います。

職業病

春眠亭あくびです。システムの保守運用やってます。

 

朝の通勤電車でウトウトしてたら、電話が鳴ったので飛び起きた。

故障か?と思ったら、他人の電話だった。

これが職業病。寝てても電話で飛び起きる。

 

そして他人の電話だったのですぐに眠りの世界へ逆戻り。

これも職業病。いつでも寝れる。

脱衣麻雀に慣れすぎた弊害

春眠亭あくびです。

 

仕事帰り、たまーにゲーセンで脱衣麻雀がやりたくなります。

タバコ臭い店内の薄暗い一角で、連コインしながらひたすらボタンを押すのがなんともサラリーマンっぽくて好きなのです。

f:id:haruakubi1:20170721234758j:image

 

ゲーセンの脱衣麻雀はそこそこ進めるのですが、いざ対人戦になると全くのポンコツになります。

ドラゴンボールにおける後半のプーアルぐらい、役に立ちません。

それはなぜかというとですね、脱衣麻雀ゲームが超ユーザーフレンドリーだからです。

f:id:haruakubi1:20170721234640j:image

 

まず点数計算しなくていい。

上がり方さえ知ってれば、後はコンピューターが勝手に計算してくれる。

この前なんて適当に上がったらハネ満になりました。

ハネ満が何なのか全くわかりませんが、女の子のおっぱい見れるなら僕は何でもいいです。

 

それから、オートツモ機能を使うと、ロンやらツモやらを勝手にやってくれる。

たまーに2面待ちとか3面待ちとか意図せずなってしまっても、コンピューターがどの牌であがればいいか勝手に判断してくれるのです。

 

あと、コンテニューすると自分の有利な牌になるよう、イカサマしてくれる。

通常イカサマを使うとなると、腱が切れるくらい練習しなければなりませんが、100円入れると勝手にイカサマしてくれます。

 

全国の雀荘は、点数計算とオートツモとイカサマを代行してくれて、ついでにおっぱい見せてくれる女の子を常備するべきです。

 

いや、なんならそういう風俗でよくない?麻雀に勝ったらサービスプレイ、負けたら塩プレイ、みたいな。

麻雀というゲームで自然に打ち解けたあと、プレイするっていう。最高じゃん?

出資者お待ちしてます。

f:id:haruakubi1:20170721234942j:image

猫も杓子もSLACK

春眠亭あくびです。

 

僕はIT系のお仕事をしているのですが、現場はいま、猫も杓子もSLACK使ってます。

SLACK、SLACKとうるせーっす。

Slack: Where work happens

f:id:haruakubi1:20170714175634p:image

 

 

ほぼLINEでグループ会話するのと一緒。

大きな違いは、途中でグループに参加しても履歴が見れることですかね。

 

でも すげーはやってる。なぜか。

カッコいいからです。

 

みんな色々理由を言うんですよ。プログラムコードが見やすいとか、ブラウザアクセスできるとか。

でも、絶対本心は、かっこいいからのはずです。

一般人にはとっつきにくいけど俺は使ってるんだという自尊心が大半だということです。

かく言う僕も昨日、「いやーSLACK使うとコミュニケーションがはかどるねー」とかアホヅラ下げて言ってやがりました。

 

僕も含めてSLACK使ってる人達は、自分はドヤるためにSLACK使ってるんだってことを、もっと自認した方がいいです。

家系ラーメンで各種パラメータをいじれるようになった。

春眠亭あくびです。

 

家系ラーメンが食べたくなって、会社の昼休みにラーメン屋へ。

f:id:haruakubi1:20170713074815j:image

 

ただ、通常の家系ラーメンは胃がもたれます。

胃もたれに悩むおじさんに成り下がった僕は、普通に食べると午後の業務に支障を来します。

でも食べたい。

そんなガスター10世代の僕が取った行動、それは家系ラーメンのパラメータカスタマイズです。

家系ラーメンは大体、麺の固さ、味の濃さ、脂の量の3つのパラメータをいじることができます。

名作ゲーム、世界樹の迷宮と同じシステムですね。

f:id:haruakubi1:20170713074550j:image

 

いつもは通ぶってるのが嫌で、「全部普通で」というザ・日本人回答をしていたのですが、今回は味薄め、脂少なめ、麺固めでパラメータを割り振ってみました。

 

 

大成功でした。

 これからもおじさんであることを自認し、無理せず人生を楽しんでいく所存です。

今日も会議で、あくびをひとつ #005 「選挙参謀」

姪っ子の生徒会長選挙に本気で介入した話です。

番組説明:2003年から続く老舗ネットラジオがリニューアル。約15分で聞きやすい。お堅い企業の中間管理職である春眠亭あくびが、日頃の鬱憤を晴らすために、仲間とはっちゃける番組です。

 

 

↓ポッドキャストは、以下ページにてitunesに登録してください。 

 f:id:haruakubi1:20170608001317j:plain

 

人を出し抜いた時が一番気持ちいい

春眠亭あくびです。

 

先日、通勤経路の電車が人身事故で止まりました。

人身事故とはっきり理由が分かっていたので、1時間くらいで復旧するかなと思い、迂回経路は使わず、待つことにしました。

とりあえず駅併設の喫茶店に入って、何の気なしに駅の電光掲示板が見えるガラス席に腰を下ろします。

今は便利な世の中で、パソコンとwifiがあれば、リモートで仕事ができてしまいます。会社のパソコンと繋げて、メールチェックを始めました。

集中して作業をし、ふと辺りを見回すと、駅が人でごった返しています。

喫茶店にも席を待つ人達であふれかえっています。

まさに阿鼻叫喚。

そんな中、早目に状況を察知し、席を確保してメールチェックに勤しむひとりのビジネスマン。

そう、僕です。

開いているのはもちろんMBA。失礼、MacBookAir。背面のリンゴマークをピッカーさせながら、颯爽とパンダグラフキーボードを打つその姿は、人々の視線を一身に集め、なお輝きを増してゆく。

やがて、電車が復旧したのを確認すると、おもむろににMBAを閉じ、生きとし生けるもの全てに感謝をするかのこどくテーブルを拭き、駅の改札へと消えて行った。

彼の名はそう、僕です。

 

 

 

はあ、気持ちよかった。

f:id:haruakubi1:20170711082638j:image

よごれっちまった悲しみに

春眠亭あくびです。

 

3歳になる息子用に、ベネッセのこどもちゃれんじを契約してます。

先月届いたのは、トイレトレーニングの教材。

f:id:haruakubi1:20170710105314p:image

ボタンを押すと楽しい音楽が流れて来て、トイレに行くのが楽しくなるという。

息子もまんまとベネッセの思惑にハマって、ボタンを押しまくって小便をひりまくってます。まさにパブロフの犬状態。

 

この教材、男の子用のしまじろうモードと、女の子用のみみりんモードがあります。

みみりんモードにすると、「一緒にトイレ、頑張ろうね!」とか「パンツって、気持ちいいね!」とか言ってくれます。

 

因みにこの方が、みみりんの声優、高橋 美紀さんです。

f:id:haruakubi1:20170710105726j:image

 

妙齢のこの女性に、パンツ気持ちいいとか言ってもらえます。

 

 

 

俺はもう後戻りができないかもしれない。